クラス紹介

創造性育成プログラム「クモミル」

親子で楽しみながら創造性を育んでいく、少人数制の幼児向けオンラインプログラムです

「クモミル」は、オンラインでつながり、遊びを通じて子どもの創造性を育む3ヶ月のプログラムです。「頑張って上手につくる」や「みんなと同じ」を目指すのではなく、自分にしかできないことをのびのびと楽しむプロセスを大事にします。保護者の方は、自分の世界をつくり・楽しむ子どもたちをそばで見守っていてください。普段は見られない子どもの成長を体感することができます。

現在、無料体験実施中です。「クモミル」の詳細は、以下の専用webサイトをご覧ください。

Co育園クラス 4~6才(年中~年長)

対象は4~6歳(年中~年長程度) 

まだ1人では長時間集中できない子どもに、プロの保育士・幼稚園教諭が寄り添います。この時期の子どもはアウトプット(発話)や周囲との対話が大切と言われており(*)、読書や映像といったインプットからどんなことを感じて、何を思ったかを自分で発信し、周囲と心を通わせる機会をつくります。

(*)保育所保育方針(厚生労働省)・幼稚園教育要領(文部科学省)より


その時々の子どもの気分に合わせたあそびを展開します

子どもの主体性を尊重しているので、子どもの気分がのらない世界にはその日はあそびにいきません。複数の子どもが参加している場合は、お友達が楽しんであそんでいる姿や声に触れる。それだけでも十分心は育つのです。


「どうして?」という疑問と「新たな発見をする喜び」を繰り返し経験することで、「考える力」が育ちます。

4~6歳にもなると、相手の気持ちを考えて行動したり、状況に応じて話す内容や話し方を変えたりするなど、知的活動への興味はますます強まります。そんな子どもたちには、少し知恵を絞ったあそびを行っています。

【現在休止中】プレCo育園クラス 2~3才(未就園児から年少)

おうちだからこそできる遊び

簡単な言葉のやりとりを交えたお話あそびなど、家庭で取り入れられるようなあそびを紹介しながら、ゆったりとした楽しく心地良い時間をすごします。

泣いたって大丈夫です

お腹が減って泣いてしまったり、眠たくて泣いてしまったり、おむつを替えなくちゃいけなくなったりすることもあると思います。その時は、もちろん、画面の前からはなれて頂いてかまいません。

子育て相談会

また、​​最後には保護者同士・先生とも気軽に相談し合える時間を設け、育児のちょっとした不安や疑問を解消していただくことができます。

withパパ クラス 2~3才(未就園児から年少)

週末に開催する、パパとお子さんに向けたプログラムです。

あそびを通じて、子どもと心を通わせ合い、子どもへの理解を深めていく。子育ての基礎がわかれば、明日からの子育てが楽しくなります。子どもに向けたお話や手遊び、親子触れ合いあそび、パパだからこそできること! 子どもの発達を捉えながら、仲良くなるポイントお伝えします。

週末の朝は、パパと一緒に遊ぶ時間にして、ママはゆっくり朝寝坊。そんな時間にしてみてもいいかもしれません。

プログラムの最後には、パパ同士の情報共有や、パパならではのお悩み相談会も開催します。

プログラムの流れ(例)

プログラム1回につき、2〜3種類のコンテンツを展開します。

以下の例は、工作コンテンツのものです。コンテンツは、工作やお絵かき、画面越しに一緒に体を動かす体操コンテンツのほか、様々なコンテンツをご用意しています。テーマは、毎回担当の先生が柔軟に対応しますので、リピートのご利用もお楽しみいただけます。

なお、プログラム中に使用する著作物(絵本や音楽等)は、著作権者から利用許諾をいただいています。

【1】まずは元気にごあいさつ!

【2】たとえば「春」をテーマにした取り組みでは、テーマの「春」に関する創作絵本を読んで、

子どもたちそれぞれが「春」のイメージを膨らませます

【3】それぞれの「春」を工作したりお絵描きします

【4】完成したら、画面越しにみんなで発表会!